FIELD REPORT現地リポート

2020.05.17 Sun

太陽が育んだテキーラとソウルフード~メキシコ~

調査部 研究員 平野 太一

Photo 2020_1-1初めてメキシコシティ空港から降り立つと、南国のような強い日差しを感じた。しかし、湿度は低く、一歩日陰に入ると涼しく快適に過ごすことができる。
メキシコ合衆国はアメリカ中西部の南に位置し、中南米と呼ばれる地域にある。元々はアステカ文明で栄えた後、大航海時代にスペインに占領され19世紀に独立を果たすまでスペインの占領下にあった。日本では罰ゲームでなじみのある「テキーラ」の原産国である。その首都メキシコシティは標高2200mに位置し、私が渡航した2月下旬は最高気温23~24℃、最低気温は5~8℃と高原気候となっている。そのため現地では、コートを着ている人もいれば半袖やノースリーブで過ごしている人もいる。同じ店内で半袖の客とコートにマフラー姿の客が、隣り合わせで座っているなんて光景もちらほら見かけた。こんな光景からも気温の変化が大きいことがうかがえる。

Photo 2020_1-2多くの人がメキシコと聞くと「マフィア」や「危険」なイメージを抱いていると思う。私も渡航前は現地の治安のことを重点的に調べたりしていた。しかし、現地で過ごしていると現地の人からはそのような気配を感じることはなく、みんな「Hola!」と笑顔で挨拶をしてくれる。現地の人でも危険で近寄らない地域もあるそうだ。しかしそのような地域を除けば、みんな普通に買い物や食事、公園で会話、バーでサッカー観戦を楽しんでいる。私自身も海外での基本的な注意事項を意識していれば、危険な雰囲気は感じず楽しく過ごすことができた。

 メキシコシティは人口約3000万人をかかえる大都市であり移動手段はもっぱら車である。そのため交通渋滞が日常的に発生している。大した距離の移動ではないのに時間を要してしまうこともしばしば起きる。そのため、会議の時間に遅刻なんてことは、度々発生するらしい。日本では仕事の開始時間に遅れるのはいかがなものかと感じると思うが、メキシコではある程度許容されているようである。日本にいると、常に時間に支配されているように感じるが、メキシコにいる間は気候や人の温かさからか、少し時間から解き放たれた気分になる。

もう一つ、外国へ渡航した際に楽しみなもののひとつが食事であろう。人間は活動するためには、食事をとらなければならない。現地での食事は命にかかわることである。

「メキシコ人は軽く夕食を取る。」現地へ行く前にそんな言葉を耳にした。日本とは異なる食生活なのかと想像していた。しかし、よくよく聞いてみるとどうやら様子が違うようである。メキシコ人は1日5食食べるというのだ。「朝食」・「昼前の間食」・「昼食」・「おやつ」・「夕食」・「夜食」。なるほど、「夕食」は軽くなるわけだ。


Photo 2020_1-3そんなメキシコ料理の代表といえばやはり「taco(s):タコ(ス)」であろう。日本でも食することのできるこの料理、やはり本場の「tacos」は非常においしい。日本で食することのできる「タコス」とはまるで違うのである。自分の好みのサルサを巻き、自分好みの様々な味を作ることができる。日本でいう「手巻き寿司」のような感覚だ。中に挟む具材も、肉の各種からエビなどを巻いたものまであり様々な味が楽しめる。メキシコのソウルフードというわけだ。

  私もtacoを現地でよく食したが、忘れられないtacoがある。金曜日、夜遅くまで皆で飲んでいた。この後、日本で締めに食べるものといえば「ラーメン」であるが、メキシコでは「taco」なのである。夕方から深夜にかけて営業している店が街にはいくつかあり、深夜でも大勢の客で賑わっているのだ。このエピソードからもtacoがメキシコのソウルフードである一端がうかがえる。tacoの中には香草が入っており、レモンを絞るとさっぱりとしていて非常に食べやすい。そのため飲んだ後でもつい食べ過ぎてしまう。余談であるが、メキシコの肥満率がアメリカを超えたのは、前述の1日5食制と合わせて、これが原因ではないかと思う。(同様に、ラーメンも日本人のメタボの一端を担っていると思う。)

長々とメキシコについてのレポートを書いてきたが、メキシコは皆さんが想像しているよりはるかに楽しく過ごすことができる国であると思う。私は初めて訪れたこの国がとても好きになった。このレポートを何かの縁で読んだ方がひとりでもメキシコに興味を持ってもらえればとても幸せである。

現地リポート一覧