2-A
世界をつむぐ一本に
株式会社 日本開発サービス
3-A
世界をつむぐ一本に
株式会社 日本開発サービス
4-A
世界をつむぐ一本に
株式会社 日本開発サービス
previous arrow
next arrow

事業・実績

海外ビジネス展開支援
留学生・在日外国人受入支援
調査コンサルティング
技術人材海外派遣
通訳・翻訳・印刷
新たな取り組み

現地リポート

2020.05.17
調査部 研究員 平野 太一 初めてメキシコシティ空港から降り立つと、南国のような強い日差しを感じた。しかし、湿度は低く、一歩日陰に入ると涼しく快適に過ごすことができる。メキシコ合衆国はアメリカ中西部の南に位置し、中南米と呼ばれる地域にある。元々はアステカ文明で栄えた後、大航海時代にスペインに占領され19世紀に独立を果たすまでスペインの占領下にあった。日本では罰ゲームでなじみのある「テキーラ」の原産国である。その首都メキシコシティは標高2200mに位置し、私が渡航した2月下旬は最高気温23~24℃、最低気温は5~8℃と高原気候となっている。そのため現地では、コートを着ている人もいれば半袖やノースリーブで過ごしている人もいる。同じ店内で半袖の客とコートにマフラー姿の客が、隣り合わせで座っているなんて光景もちらほら見かけた。こんな光景からも気温の変化が大きいことがうかがえる。 多くの人がメキシコと聞くと「マフィア」や「危険」なイメージを抱いていると思う。私も渡航前は現地の治安のことを重点的に調べたりしていた。しかし、現地で過ごしていると現地の人からはそのような気配を感じることはなく、みんな「Hola!」と笑顔で挨拶をしてくれる。現地の人でも危険で近寄らない地域もあるそうだ。しかしそのような地域を除けば、みんな普通に買い物や食事、公園で会話、バーでサッカー観戦を楽しんでいる。私自身も海外での基本的な注意事項を意識していれば、危険な雰囲気は感じず楽しく過ごすことができた。 メキシコシティは人口約3000万人をかかえる大都市であり移動手段はもっぱら車である。そのため交通渋滞が日常的に発生している。大した距離の移動ではないのに時間を要してしまうこともしばしば起きる。そのため、会議の時間に遅刻なんてことは、度々発生するらしい。日本では仕事の開始時間に遅れるのはいかがなものかと感じると思うが、メキシコではある程度許容されているようである。日本にいると、常に時間に支配されているように感じるが、メキシコにいる間は気候や人の温かさからか、少し時間から解き放たれた気分になる。 もう一つ、外国へ渡航した際に楽しみなもののひとつが食事であろう。人間は活動するためには、食事をとらなければならない。現地での食事は命にかかわることである。「メキシコ人は軽く夕食を取る。」現地へ行く前にそんな言葉を耳にした。日本とは異なる食生活なのかと想像していた。しかし、よくよく聞いてみるとどうやら様子が違うようである。メキシコ人は1日5食食べるというのだ。「朝食」・「昼前の間食」・「昼食」・「おやつ」・「夕食」・「夜食」。なるほど、「夕食」は軽くなるわけだ。 そんなメキシコ料理の代表といえばやはり「taco(s):タコ(ス)」であろう。日本でも食することのできるこの料理、やはり本場の「tacos」は非常においしい。日本で食することのできる「タコス」とはまるで違うのである。自分の好みのサルサを巻き、自分好みの様々な味を作ることができる。日本でいう「手巻き寿司」のような感覚だ。中に挟む具材も、肉の各種からエビなどを巻いたものまであり様々な味が楽しめる。メキシコのソウルフードというわけだ。
2020.04.01
調査部 研究員 林 芽衣 こんにちは。ヨルダンで活動している林芽衣と申します。11年前にイタリアのファッション業界でキャリアを積んでいた時、ふと訪れた中東のヨルダンの美しさに魅力されました。天然の赤みがかったバラ色のグラデーションの洞窟だらけのペトラ遺跡や浮遊体験のできる死海とか、綺麗なピンク色の砂の景色の砂漠ワディラム等と、とにかく数多い見所に溢れているヨルダンです。 2008年9月に、ヨルダン南部のペトラ遺跡の側のベドイン村に移り住み、今までに全く見た事のないような貴重な経験ができました。80年ぐらい遅れたライフスタイルのベドイン民族は、何から何までとにかく面白かったです。タクシーの代わりにラクダに乗ったり、オートバイの代わりに馬やロバに乗ったり、ドアのハンドルの代わりにスプーンが刺さっていたり、車のギアの代わりにナイフが刺さっていたり。。。裸足で鼻水垂らした子供達が道端で動物と主に走り回っていたりと、本当に飽きない毎日でした。 そして、ベドイン特有のカラフルな刺繍やデザインに囲まれ、いつ かこういったデザインを使って作品を作りたいと考えていました。 そんな中、2011年にシリア紛争が勃発し、ヨルダンにも大勢のシリアの方々が避難してきました。私も内戦から逃れてきたシリア難民や、貧困に苦しむヨルダン人のために何かできないかと考え、地元のNGOなどの難民支援活動に参加し、色々な事業に取り組んできました。 内戦で家や家族を無くし荷物も持たずに逃げてきたシリアの人々は、無事に辿り着いたとしてもヨルダンで労働許可がなかなか取得できないため、収入が無く、貧困に苦しんでいます。それが、早期婚やチャイルドレーバーといった問題にも直結しています。シリア難民は、差別やいじめの対象になることが多く、また、将来への不安から、精神的にも辛い日々を過ごしています。私はこのような状況の中で、生きる目的や希望を無くしてしまった人々を、経済的そして心理的にサポートするプロジェクトを立ち上げました。 “Tribalogy(トライバロジー)”はベドインをはじめ、中東の部族文化の伝統的な洋裁技術や刺繍を基に、モダンなテイストを入れ、新しい作品に創造し、販売しています。商品はシリア難民と貧困層のヨルダン人女性が一つ一つ手作りで完成させ、それを売ることで収入の創出に繋がっています。2013年にこのプロジェクトを始めて以来、参加した女性達が笑顔を取り戻し、元気になっていく様子を沢山見てきました。自分の手で制作することに集中していると、辛い思い出やネガティブな考えが不思議と遠ざかっていきます。良い商品を作り上げ、それが売れた時の達成感、習得したスキルは今後の人生の糧になるという自信、また、たとえ僅かでも稼いだお金で家族に美味しい食事を食べさせたり、子供に洋服や勉強道具を買ってあげたりと、母親としての幸せを実感することにより、失いかけていた人生の意味を再び見出すことができるのです。 女性たちが一生懸命作り上げた商品をどんどん販売することにより、より多く仕事の数を増やすことができます。仕事の量が増えれば増えるほど、もっと多くの女性たちに仕事を提供してあげることが可能となります。 世界中の人間の優しいお気持ちと温かいご支援のお陰でこのプロジェクトは成り立っております。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2020.03.17
調査部 研究員 川上 智子 ビエンチャン中心街に位置するパリの凱旋門を模した戦没者慰霊塔のパトゥーサイ。地方から来たラオス人もここを訪れては記念写真を撮るスポットとのこと。 「サバイディ(こんにちは)!」挨拶する度に柔和な笑顔で接してくれるラオス人。彼らの安らぎ深い雰囲気は、首都 ビエンチャンが醸し出す風情にも反映されている。 グッドデザイン賞を受賞したと思われる雑貨屋。このようなお洒落なお店が点在する。 ラオスは中国、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーの5つの国に囲まれている東南アジア唯一の内陸国である。この経済的立地の不利を補うため、隣国との良好な 二国間外交関係の構築はもちろんのこと、1997年に加盟したASEANを土台にした地域と結びついた経済開発が進められている。社会主義国であるが、1980年代後半から市場経済化と経済開放を導入し、近年はGDP成長率6%以上を維持している。この高いGDP率を支えているのは、鉱山や水力といった豊富な天然資源である。特に国の南北をメコン川が貫いていることから、水資源を活用した水力発電が盛んで、隣国タイにも電力を供給している。まさにラオス経済のライフラインとなっており、日本や中国、国連機関なども電力開発に協力している。 ラオスにまつわる興味深い話として、過去にはニューヨークタイムズで「世界で一番行きたい国」に選出されている。一方、作家・村上春樹著の『ラオスにいったい何があるというですか?』という本があるが、このタイトル通り、日本では同国に対する印象が薄いのは否めない。東南アジア諸国と比較すると小さくて目立たない国であるが、旅行者はこの国のどこに魅力を感じるのだろうか。おそらく1つには、この国の持つのんびりとした空気感ではなかろうか。ビエンチャンでは東南アジア諸国でよく目にする無数のバイクや車は見られるが、クラクションが鳴り響くようなことはない。目立った高層建物やショッピングセンター、派手なライトアップもない。首都なのに都会ならではの喧騒があまり感じられないのが、この国の魅力なのかもしれない。またこの街の風情と呼応して、そこに住む人々も素朴で良い意味で「ガツガツ」していない。街を歩いて物売りに遭遇したこともなく、ラオス人の品の良さを感じたものだ。 黄金色に染まる太陽が沈むメコン川 観光業もこの国の大きな産業である。ビエンチャン中心街に目をやると、旧宗主国フランスの影響からか街の至るところに、フランス語・英語・中国といった外国語メニューを揃えているお洒落な雰囲気の良いカフェがある。また外国人向けのプライスで夜遅くまで営業しているマッサージ店やホテルなどが軒並みあり、それらがお互いに競い合っている。滞在中に泊まったホテルの向かい側には別なホテルがあったが、3か月前になかったウォーターサーバーがフロントに設置され、朝食のクオリティが高くなったという話を聞き、外国人観光客誘致に向け奮闘しているのが数日の滞在者でも感じ取れる。 ラオスと言えばメコン河。古くから人々はメコン河と共に生きてきた。水運としてそして生活を支える豊穣の河として、人々はメコン河の恩恵を受けてきたのである。生活の営みの資源だけでなく、憩いの場所としても愛されているスポットでもある。夕方になると、何処となく人々が集まり、対岸のタイを眺めながら一人思いにふけっている人もいれば、カップルや親しい人と会話を楽しんで、思い思いの時をメコン河と共に過ごしているのが印象的だった。メコン河は人々の心と日常生活に常に寄り添ってきた。そして今後もそうだろう。聞くと、ラオスは東南アジア大陸部の中心に位置していることから、今後メコン河流域国の流通拠点となりうる可能性があるようだ。まだまだ秘められた魅力がこの国にはある。ぜひその魅力を肌で感じてみてはいかがだろうか。
2019.12.04
調査部 研究員 伊澤 朝子 ~ヨルダン~ 空港の外に出た瞬間、刺すような強い日差しに思わず目を閉じた。眩むような日差しに中東に来たことを実感する。 ヨルダンは、周りをシリア・イラク・サウジアラビア・イスラエル・パレスチナ暫定自治区に囲まれた中東の国である。 このように聞くと、「何か危ない感じ」という印象を持つ人も多いのではないだろうか。実際、空港周辺等での警備は物々しい印象があったが、街に出ると雰囲気は一変する。 大きなショッピングモールやおしゃれなカフェなどが立ち並ぶ街中は、華やかで和やかな雰囲気である。「中東」というと砂漠のイメージがあるが、道路も整備されており、信号はないものの日本でいうロータリーを利用して、車が行きかっている。ヨルダンは、中東のなかにあっても、アラブ諸国やイスラム諸国だけでなく、世界各国と協調する全方位的外交を行っており、ヨルダン国内の治安は安定しているそうだ。そのため、外貨を獲得する手段としてリン鉱石と天然ガスの輸出に加え、観光に力を入れている。 塩分濃度が高く体が浮く「死海」、岩の両壁の狭い道を抜けた先に遺跡が現れる映画で有名な「ペトラ遺跡」があると聞けば、それってヨルダンにあったのかと思う方も多いのではないだろうか。映画のロケ地としても近年よく使用される「ワディ・ラム砂漠」や、キリストがヨハネに洗礼を受けたとされる「バプテスマ・サイト」やモーセが約束の地を眺めた「ネボ山」など、キリスト教にまつわる遺跡も多い。また各地にローマ時代の遺跡も数多く残っている。 私達にとっては、物語に近いそのような歴史ある土地で生きる人々は、おちゃめな人々だと感じた。毎夕ホテルでは火災報知器がなり、「また誤作動なんだ」と困りつつも面白がるような笑顔で答える従業員、道を間違えても必死に自分を売り込む運転手、鼻高々に自分の店の自慢をするウェイター。こちらに余裕がなければはっきり言って鬱陶しいような対応も、一緒に楽しむ余裕や時間を空いて振り返るとスパイスが効いていて面白い体験となった。 ~レバノン~ 空港に降り立ったのは夜で、海が近いと聞きながらも見ることはできず、海の気配は感じるのは、ヨルダンでは感じられなかった日本で慣れ親しんだ湿気だけであった。乾いた肌に心地いい湿気である。  次の朝、坂道の途中にあるホテルから外へ出ると、青々とした海が飛びこんできた。地中海である。海岸沿いの道は広々としており、青い海に白い船が浮かび、カップルがのんびりと散歩する、開けた雰囲気のある街だと感じた。かつて「中東のパリ」と呼ばれる街であったことも納得である。 ベイルート中央のエトワール広場周辺はヨーロッパ風の建物群が軒を連ね、その間を抜けると突如ローマ時代の遺跡が現れる。そこから少し歩くと、高級店街や現代的なシネマコンプレックスもある。レストランも多く、レバノンは食の街だと感じた。イタリアンやアジア料理(日本食まで!)様々なジャンルの食事を楽しむことができ、これがまた美味しいのである。しつこくなく楽しめる様々な味は、この国の多様さを表しているようにも感じた。  「宗教のモザイク国家」ともいわれるレバノンは、国内に18の宗派が存在し各宗派に1932 年統計の人口比に従って政治権力を分散配分している。その後、調整が行われつつも、危ういバランスの上に、現在の安定が築かれている。それぞれ宗派ごとに地域性もあるらしく、現地職員によると、どの宗派でも行きやすい場所、宗派によって行きにくい場所というものもあるそうである。  レバノンの危ういバランスを象徴するかのように、海沿いには明るい雰囲気がある一方、一本道を入ると内戦の傷跡が残っている建物が見られる。銃撃の後が残る壁が街中に残っているのである。それは、長い辛い時間を忘れないように、新しい美しいビルと対比されて佇んでいるように感じた。今後も続く、平和な日々を願ってやまない。 →写真の左がキリスト教の教会、右がイスラム教のモスク。「宗教のモザイク国家」を表している。